申請者の手続

申請者のID・パスワードの発行依頼・取得について

1.特別研究員PD,特別研究員DC1,特別研究員DC2,特別研究員RPD,海外特別研究員(科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定されている研究機関に所属している場合)

 電子申請システムを利用して研究者養成事業に申請するためには、研究者養成事業用の申請者のID・パスワードが必要です。申請者のID・パスワードは、申請機関担当者(又は申請機関の部局担当者)が発行します。
 ご利用環境をご確認の上、申請機関担当者(又は申請機関の部局担当者)宛に発行依頼の連絡を行い申請者のID・パスワードを取得してください。

(1) 申請機関担当者(又は申請機関の部局担当者)に申請者のID・パスワードの発行依頼をします。
(2) 申請者のID・パスワードは申請機関担当者(又は申請機関の部局担当者)から通知されます。
 

2.海外特別研究員(個人で申請する場合)

 海外特別研究員に申請する方で、以下の条件に該当する場合は、申請者自身が研究者養成事業用の申請者のID・パスワードの発行申請を行ってください。

1. 国内に所属の機関・団体があるが、科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定されていない研究機関のため
(下記注意中の※を参照)
2. 海外の研究機関等団体に所属しているため
3. 現在、機関・団体への所属がないため
 

 ご利用環境をご確認の上、申請者は、電子申請のご案内ページより、個人によるID・パスワード発行申請を行ってください。

(1) 電子申請のご案内ページより申請者は申請者のID・パスワードの発行申請をします。
(2) ID・パスワード発行申請が受け付けられるとログイン用のID・パスワード及び「個人申請用ID・パスワード取得時登録内容確認書」が発行されます。
(3) 「個人申請用ID・パスワード取得時登録内容確認書」をダウンロードし、厳重に保管してください。
 
  注意
ID・パスワードは電子申請システムにログインする際に必要となりますので、厳重に管理してください。
申請者のID・パスワードは日本学術振興会から直接発行することはできません。
研究者養成事業で発行された申請者のID・パスワードを国際交流事業又は科学研究費助成事業で使用することはできません。その逆も同様です。
申請機関が同じ場合、一つの申請者のID・パスワードで電子申請システムを利用できる研究者養成事業内すべての申請が可能です。(研究者養成事業内の申請ごとにID・パスワードを取得する必要はありません。)
海外特別研究員の個人申請用として取得したID・パスワードでは、当該年度採用分の海外特別研究員以外の事業には申請できません。
研究者養成事業への応募は、科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定されている研究機関に限られています(※)。

※科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定されている研究機関
1) 大学及び大学共同利用機関
2) 文部科学省の施設等機関のうち学術研究を行うもの
3) 高等専門学校
4) 文部科学大臣が指定する機関

研究者養成事業への申請を希望される場合には、申請前に同規程4)の機関として文部科学大臣の指定を受けてください。
機関の指定等に関するお問い合わせはこちらです。(お問い合わせは機関の担当の方を通じて行ってください。)

このページのトップへ

申請書の作成・送信・確認について

1.特別研究員PD,特別研究員DC1,特別研究員DC2,特別研究員RPD

  申請書は申請書情報(Web上で入力)、申請内容ファイル(Word等)、評価書(Web上で入力)から構成されます。申請内容ファイルはIDを取得する前でも作成することができます。
(1) 申請内容ファイル (Word) 様式を募集要項のページ等からダウンロードします。
(2) 申請内容ファイル (Word)に必要事項を入力し、保存します。
(3) 申請者のID・パスワードで電子申請システムにログインします。
(4) 申請書情報を「申請書情報入力」画面から入力・送信します。
  ※PDの「受入研究室選定理由書(特例措置希望者)」、RPDの「出産・育児による研究中断状況」はこの「申請書情報入力」画面で入力します。
※RPDの「出産・育児による研究中断状況」は申請機関に開示されません。
(5) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された申請書情報をダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(6) 確認を完了すると、評価書作成者へ提出書類の作成依頼が可能になります。なお、申請書を申請機関へ提出するまでは、申請書情報を修正することも可能です。
  ※(7)〜(8)は順不同です。同時に作成することも可能です。
(7-1) 「申請書情報入力」画面で入力した評価書作成者宛に評価書の作成を依頼します。評価書作成依頼を実行すると、評価書作成者宛に評価書作成依頼メールが送信されます。
評価書作成者のID、ログインパスワードは電子申請システムにて自動発行され評価書作成者に通知されます。
(7-2) 評価書作成者のID・パスワードで電子申請システムにログインします。
(7-3) 評価書情報を「評価書情報入力」画面から入力・送信します。
(7-4) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された評価書をダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(7-5) 内容に不備がない場合、評価書を申請者へ提出します。評価書を提出すると、申請者宛に評価書作成完了メールが送信されます。
  ※申請者は評価書の内容を確認することはできません。
※特別研究員-PD、RPDの場合は(7)を2名分実施する必要があります。
(8-1) 別途作成した申請内容ファイルを登録します。Wordファイルを登録した場合、電子申請システム上でPDFファイルに変換されます。
  ※申請内容ファイルなどの添付ファイルをPDFファイルで作成することも可能です。
※PDFファイルを作成するには、色構成が異なったり、正しく処理ができない場合があるため、こちらのアプリケーションを推奨しています。
(8-2) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された申請内容ファイルをダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(9) すべての提出書類が揃ったことを確認し、申請書を提出します。
  ※印刷した申請書を提出する必要はありません。
 
  注意
申請機関担当者によって確定されない限り、申請書情報は日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、申請機関担当者が申請書情報を確定する期限のことです。

2.海外特別研究員

  申請書は申請書情報(Web上で入力)と申請内容ファイル(Word等)、受入意思確認書(Web上で入力)、評価書(Web上で入力)から構成されます。申請内容ファイルはIDを取得する前でも作成することができます。
(1) 申請内容ファイル (Word) 様式を募集要項のページ等からダウンロードします。
(2) 申請内容ファイル (Word)に必要事項を入力し、保存します。
(3) 申請者のID・パスワードで電子申請システムにログインします。
(4) 申請書情報を「申請書情報入力」画面から入力・送信します。
(5) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された申請書情報をダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(6) 確認を完了すると、評価書作成者や海外の受入研究者へ提出書類の作成依頼が可能になります。なお、申請書を申請機関へ提出するまでは、申請書情報を修正することも可能です。
  ※(7)〜(9)は順不同です。同時に作成することも可能です。
(7-1) 「申請書情報入力」画面で入力した受入研究者宛に受入意思確認書の作成を依頼します。受入意思確認書作成依頼を実行すると、受入研究者宛に受入意思確認書作成依頼メールが送信されます。
受入研究者のID、ログインパスワードは電子申請システムにて自動発行され受入研究者に通知されます。
(7-2) 受入研究者のID・パスワードで電子申請システムにログインします。
(7-3) 受入意思確認書情報を「受入意思確認書情報入力」画面から入力・送信します。
(7-4) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された受入意思確認書をダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(7-5) 内容に不備がない場合、受入意思確認書を申請者へ提出してください。受入意思確認書を提出すると、申請者宛に受入意思確認書作成完了メールが送信されます。
(8-1) 「申請書情報入力」画面で入力した評価書作成者宛に評価書の作成を依頼します。評価書作成依頼を実行すると、評価書作成者宛に評価書作成依頼メールが送信されます。
評価書作成者のID、ログインパスワードは電子申請システムにて自動発行され評価書作成者に通知されます。
(8-2) 評価書作成者のID・パスワードで電子申請システムにログインします。
(8-3) 評価書情報を「評価書情報入力」画面から入力・送信します。
(8-4) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された評価書をダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(8-5) 内容に不備がない場合、評価書を申請者へ提出します。評価書を提出すると、申請者宛に評価書作成完了メールが送信されます。
  ※申請者は評価書の内容を確認することはできません。
(9-1) 別途作成した申請内容ファイルを登録します。Wordファイルを登録した場合、電子申請システム上でPDFファイルに変換されます。
(9-2) 送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された申請内容ファイルをダウンロードし、内容に不備がないか確認します。
(10)   すべての提出書類が揃ったことを確認し、申請書を提出します。
  ※印刷した申請書を提出する必要はありません。
  ※海外特別研究員に個人申請した申請者は、日本学術振興会へ申請書が提出されます。
 
  注意
申請機関担当者によって確定されない限り、申請書は日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、申請機関担当者が申請書を確定する期限のことです。

このページのトップへ

申請状況の確認について

 申請した申請書情報について、その処理状況を確認できます。

(1) 申請者のID・パスワードで電子申請システムにログインします。
(2) 申請状況確認画面から提出(送信)した申請書情報の状況を確認します。
(3) PDF形式に変換された申請書情報をダウンロードし、申請内容を確認することもできます。
  ※確認完了後、申請書情報を修正したい場合は、申請機関担当者にご連絡するようお願いいたします。

このページのトップへ