JSPS 科研費電子申請システム

独立行政法人 日本学術振興会
電子申請のご案内総合トップページ

応募に関する手続き

研究計画調書又は領域計画書の作成・送信・確認について


1.特別推進研究、 基盤研究、挑戦的研究、若手研究、研究活動スタート支援、 新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域・終了研究領域)の場合

 研究計画調書は応募内容ファイル(Word又はPDF)と応募情報(Web上で入力)から構成されます。応募内容ファイルはIDを取得する前でも作成することができます。
(1) 応募内容ファイル様式を公募要領のページ等からダウンロードします。
(2) 応募内容ファイル (Word等)に必要事項を入力し、保存します。
(3) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインします。
(4) 応募情報を「応募情報入力」画面から入力し、保存された応募内容ファイル(Word又はPDF)を選択して送信します。
※応募内容ファイルの送信についてはWordファイルの代わりにPDFファイルを選択することも可能です。(PDFファイルは応募内容ファイル様式を基に作成したものに限ります。)
(5)

送信完了後、PDF形式に変換(1200dpi)された研究計画調書をダウンロードし、内容に不備がないか確認します。

(6) 確認を完了すると、応募者(研究者)の所属研究機関が研究計画調書の応募内容を確認・承認できるようになります。
応募者(研究者)の所属研究機関担当者へは、科研費電子申請システムによって確認依頼がメールで通知されます。(特別推進研究のみ)
 
  注意
応募者(研究者)の所属研究機関担当者によって研究計画調書の応募内容が承認されない限り、研究計画調書は日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、応募者(研究者)の所属研究機関担当者により研究計画調書が承認される期限のことです。


2-1.新学術領域研究(研究領域提案型・計画研究代表者(応募時))の場合

(2-1-1) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインし、応募情報を「応募情報入力」画面から入力し、PDF形式に変換(1200dpi)された応募情報を作成します。
(2-1-2) 応募情報の確認を完了すると、計画研究代表者の所属研究機関が応募情報を確認できるようになります。
   ※ 計画研究代表者の所属研究機関担当者へは、科研費電子申請システムによって確認依頼がメールで通知されます。
  注意
応募者(研究者)の所属研究機関担当者によって研究計画調書の応募内容が承認されない限り、研究計画調書は日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、応募者(研究者)の所属研究機関担当者により研究計画調書が承認される期限のことです。


2-2.新学術領域研究(研究領域提案型・領域代表者(応募時))の場合

(2-2-1) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインして、仮領域番号発行情報を入力します。領域代表者の所属研究機関が仮領域番号発行情報を確認すると、「仮領域番号」が発行されます。領域代表者は発行された「仮領域番号」を各計画研究の研究代表者へ通知します。
(2-2-2) 各計画研究の研究代表者から提出された各計画研究の応募情報の内容を確認し、不備が無ければ確定処理を行います。
(2-2-3) 「領域計画書」応募情報を「領域計画書入力」画面から入力後、PDF形式に変換(1200dpi)します。作成した領域計画書に不備がないか確認します。確認を完了すると、領域代表者の所属研究機関が領域計画書を確認・承認できるようになります。
  注意
領域代表者の所属研究機関担当者によって領域計画書の内容が承認されない限り、日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、領域代表者の所属研究機関担当者により領域計画書が承認される期限のことです。


3-1.新学術領域研究(研究領域提案型・計画研究代表者(ヒアリング対象領域選定後))の場合

 研究計画調書は応募内容ファイル(Word又はPDF)と応募情報(Web上で入力)から構成されます。応募内容ファイルはIDを取得する前でも作成することができます。
(3-1-1) 応募内容ファイル様式を公募要領のページ等からダウンロードし、必要事項を入力して保存します。
(3-1-2) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインし、既に提出した応募情報に、保存された応募内容ファイル(Word又はPDF)を添付して、PDF形式に変換(1200dpi)された研究計画調書を作成します。
(3-1-3) 研究計画調書の確認を完了すると、計画研究代表者の所属研究機関が研究計画調書を確認できるようになります。
  ※ 計画研究代表者の所属研究機関担当者へは、科研費電子申請システムによって確認依頼がメールで通知されます。
  注意
計画研究代表者の所属研究機関担当者によって研究計画調書が確認されない限り、領域代表者に送信されません。
学振受付期限とは、領域代表者の所属研究機関担当者により領域計画書が承認される期限のことです。


3-2.新学術領域研究(研究領域提案型・領域代表者(ヒアリング対象領域選定後))の場合

(3-2-1) ヒアリング対象領域に選定された領域代表者は、応募情報を提出した各計画研究の研究代表者へ、研究計画調書を提出するように通知します。
(3-2-2) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインして、計画研究の研究代表者から提出された各計画研究の研究計画調書の内容を確認し、不備が無ければ確定処理を行います。
(3-2-3) 既に提出した領域計画書及び各計画研究の研究計画調書の内容に不備が無いか確認します。確認を完了すると、領域代表者の所属研究機関が領域計画書を確認・承認できるようになります。
  注意
領域代表者の所属研究機関担当者によって領域計画書の内容が承認されない限り、日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、領域代表者の所属研究機関担当者により領域計画書が承認される期限のことです。


4-1.新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域)(計画研究)・計画研究代表者の場合

 研究計画調書は応募内容ファイル(Word又はPDF)と応募情報(Web上で入力)から構成されます。応募内容ファイルはIDを取得する前でも作成することができます。
(4-1-1) 応募内容ファイル様式を公募要領のページ等からダウンロードし、必要事項を入力して保存します。
(4-1-2) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインします。応募情報を「応募情報入力」画面から入力し、保存された応募内容ファイル(Word又はPDF)を添付して、PDF形式に変換(1200dpi)された研究計画調書を作成します。
(4-1-3) 研究計画調書の確認を完了すると、計画研究代表者の所属研究機関が研究計画調書を確認できるようになります。
  ※ 計画研究代表者の所属研究機関担当者へは、科研費電子申請システムによって確認依頼がメールで通知されます。
  注意
計画研究代表者の所属研究機関担当者によって研究計画調書が承認されない限り、領域代表者に送信されません。
学振受付期限とは、領域代表者の所属研究機関担当者により応募書類(各計画研究の研究計画調書)が承認される期限のことです。


4-2.新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域)(計画研究)・領域代表者の場合

(4-2-1) 審査対象となった計画研究が存在する領域の領域代表者は、計画研究の研究代表者へ、研究計画調書を提出するように通知します。
(4-2-2) e-RadのID・パスワードで科研費電子申請システムにログインして、計画研究の研究代表者から提出された計画研究の研究計画調書の内容を確認し、不備が無ければ確定処理を行います。
確定を完了すると、領域代表者の所属研究機関が応募書類を確認・承認できるようになります
  注意
領域代表者の所属研究機関担当者によって応募書類の内容が承認されない限り、日本学術振興会に受理されません。
学振受付期限とは、領域代表者の所属研究機関担当者により応募書類が承認される期限のことです。


5.国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))の場合

【応募者(研究代表者)の所属する研究機関の担当者】
(1) 応募者の所属研究機関担当者は、応募者にe-RadのID・パスワードを発行します。
【応募者(研究代表者)】
(2-①) 応募者は受領したID・パスワードで電子申請システムにアクセスし、「Web入力項目」を入力、「添付ファイル項目」をアップロードすることで、研究計画調書(PDFファイル)を作成します。また、海外の研究者に同意書の確認・署名を依頼します。
(2-②) 応募者は電子申請システムの「応募情報入力画面」の「研究組織」欄に研究組織に加えたい研究者を入力し、研究分担者となることの承諾を依頼します。
【研究分担者となることの依頼を受けた研究者】
(3) 応募者(研究代表者)から電子申請システムを通じて研究分担者となることの承諾依頼を受け、承諾する内容を確認の上、「承諾」又は「不承諾」を選択します。
なお、「若手研究者」として参画する場合には、その確認も当該手続きの中で行います。
【研究分担者の所属する研究機関の担当者】
(4) 研究分担者が電子申請システム上で承諾をした場合、研究分担者の所属する研究機関は、「承諾・確認」又は「不承諾」を選択します。
【応募者(研究代表者)】
(5) 応募者は、作成した研究計画調書および同意書(PDFファイル)に不備がなければ、完了・提出操作を行うことで、所属研究機関に研究計画調書(PDFファイル)等を提出(送信)したことになります。なお、研究計画調書の研究組織に記載のある、全ての研究分担者及び研究分担者の所属研究機関から承諾を得ないと、応募者は研究計画調書を提出(送信)できません。
【応募者(研究代表者)の所属する研究機関の担当者】
(6) 応募者の所属研究機関担当者が研究計画調書(PDFファイル)等を承認することで、日本学術振興会に提出(送信)されます。
なお、応募者の提出した研究計画調書(PDFファイル)等の不備又はその他の事由により承認しない場合は、却下し応募者に修正を依頼します。

このページのトップへ

応募状況の確認について

 応募した応募情報又は研究計画調書について、その処理状況を確認できます。

(1) e-RadのID・パスワードを使って科研費電子申請システムにログインします。
(2) 処理状況一覧画面から提出(送信)した応募情報又は研究計画調書の状況を確認します。
(3) PDF形式に変換された応募情報又は研究計画調書をダウンロードし、応募内容を確認することもできます。

このページのトップへ