JSPS 科研費電子申請システム

独立行政法人 日本学術振興会
電子申請のご案内総合トップページ

応募についてよくあるご質問


   電子申請について
  Q 1.どの事業が電子申請の対象ですか?
  Q 2.今後、電子申請システムを利用する事業は増えますか?
  Q 3.研究計画調書の前半部分(応募情報)と後半部分(応募内容ファイル)はシステム上、1つのまとまったファイルでやり取りされるのですか?
このページのトップへ
   使用環境について
  Q 1.電子申請システムを複数ウィンドウ(複数タブ)で開いて利用することはできますか?
このページのトップへ
   ログイン
  Q 1.日本学術振興会へ、直接e-Rad ID・パスワードの発行依頼をすることはできないでしょうか?
  Q 2.発行されたe-Rad ID・パスワードは翌年以降も利用できますか?
  Q 3.新たに追加された電子申請可能な種目に応募したいのですが、e-Rad ID・パスワードを取得し直す必要がありますか?
  Q 4.ログインできません。どうすればよいでしょうか?
このページのトップへ
   応募情報又は研究計画調書作成
  Q 1.研究計画調書はいつから作成できますか?
  Q 2.Word2007またはWord2010で作成した(docx形式)応募内容ファイルを添付することはできますか。
  Q 3.PDFファイルを閲覧することができません。(PDFページが空白になります。)
  Q 4.「ページの有効期限切れ」という画面が表示されてしまいます。
  Q 5.応募情報に、独語ウムラウト(特殊文字)を使用したいのですが・・・
  Q 6.PDFファイルに変換する「処理中・・・」画面から次の画面に遷移しません。
  Q 7.PDFに変換する時、画像はどの程度の解像度で変換できますか?
  Q 8.PDFに変換した研究計画調書の内容が、ページ切れしてしまいます。
  Q 9.PDFやWordファイル以外に添付できる形式はありますか?
  Q 10.「ログインされていないか、またはセッションタイムアウトが発生しました。」というエラーになってしまいます。
  Q 11.応募内容ファイルはどこから取得すれば良いでしょうか?
  Q 12.応募内容ファイルに画像を貼り付けるにはどのようにしたら良いでしょうか?
  Q 13.応募情報について、所属研究機関名等は初期表示されますか?また、変更できますか?
  Q 14.研究計画調書(応募情報)を完了した後で、内容を修正することはできますか?
  Q 15.科学研究費助成事業の「研究組織表入力」について、研究協力者は入力しないのですか?
  Q 16.科学研究費助成事業の応募情報入力について、入力途中で応募する研究種目を変える場合は、最初から入れ直すのですか?
  Q 17.科学研究費助成事業について、研究計画調書に整理番号は細目毎に振られるのですか?また、細目を途中で変えたらどうなりますか?
  Q 18.新学術領域研究(研究領域提案型)について、ヒアリング対象領域選定後に、既に提出した応募情報に応募内容ファイルを添付する場合は、どこから処理を再開するのですか?
  Q 19.機関番号一覧にない機関の研究者を、研究分担者・連携研究者に指定したいのですがどのようにしたら良いでしょうか?
  Q 20.研究組織表の入力で研究者番号が正しいのに「研究者番号 X行目が間違っています」というエラーになってしまいます。
このページのトップへ
   提出・応募状況の確認
  Q 1.応募状況について、どのようになっていれば日本学術振興会に提出されているのですか?
  Q 2.新学術領域研究(研究領域提案型)について、仮領域番号が発行されたとき、領域内の研究計画代表者にも自動的に通知されるのですか?
このページのトップへ

 その他 

   セキュリティ
  Q 1.セキュリティ対策はどうなっていますか?
このページのトップへ
   その他
  Q 1.所属研究機関のホームページに「電子申請のご案内」へのリンクを貼ってもよいですか?
このページのトップへ

  

   電子申請について
 Q 1. どの事業が電子申請の対象ですか?
  A. 電子申請が可能な事業については「電子申請が可能な事業一覧」をご参照ください。
 Q 2. 今後、電子申請システムを利用する事業は増えますか?
  A. 応募者や所属研究機関担当者の利便性や効率を考慮しながら、拡充を図る予定です。
 Q 3. 研究計画調書の前半部分(応募情報)と後半部分(応募内容ファイル)はシステム上、1つのまとまったファイルでやり取りされるのですか?
  A. 応募情報と応募内容ファイルから1つのPDFファイル(研究計画調書)が作成され、このPDFファイルにより、やり取りされます。なお、新学術領域研究(研究領域提案型)の応募時は、応募情報のPDFファイルのみがやり取りされます。
このページのトップへ
   使用環境について
 Q 1. 電子申請システムを複数ウィンドウ(複数タブ)で開いて利用することはできますか?
  A. 電子申請システムを複数のウィンドウやタブで操作することはできません。システムが正常に動作しませんので、絶対に行わないでください。
このページのトップへ
   ログイン
 Q 1. 日本学術振興会へ、直接e-Rad ID・パスワードの発行依頼をすることはできないでしょうか?
  A. 日本学術振興会では、e-RadのID・パスワードを発行することはできません。所属研究機関の事務担当者に発行依頼をしてください。
 Q 2. 発行されたe-Rad ID・パスワードは翌年以降も利用できますか?
  A. e-Rad ID・パスワードについては、同一機関から応募するのであれば翌年以降も利用できますので、紛失、漏洩等がないよう、管理してください。
 Q 3. 新たに追加された電子申請可能な種目に応募したいのですが、e-Rad ID・パスワードを取得し直す必要がありますか?
  A. 必要ありません。既に取得されているe-Rad ID・パスワードを利用してください。
 Q 4. ログインできません。どうすればよいでしょうか?
  A. 以下の点を再度ご確認いただき、お試しください。
(1) パスワードは正しく入力されていますか?メモ帳などで画面確認した後、コピー&ペーストにより入力するなどしてご確認ください。
(2) 使用しているパソコンがご利用環境を満たしていますか?
(3) HTTPS(SSL通信)によりインターネット接続ができますか?
(4) Cookieが有効になっていますか?
(5) 従来の科研費電子申請システムのID・パスワードを入力していないでしょうか?平成21年8月24日より、e-RadのID・パスワードを利用することになっています。e-Radのログイン情報通知書をお持ちでない方は、所属研究機関の事務担当者に発行を依頼してください。
このページのトップへ
   応募情報又は研究計画調書作成
Q 1. 研究計画調書はいつから作成できますか?
  A. 応募情報(Web入力)は、e-Rad ID・パスワードを入手した後、科研費電子申請システムにログインして受付期間内に入力する必要がありますが、応募内容ファイルは、所属研究機関担当者(e-Rad事務代表者)又は部局担当者(e-Rad事務分担者)から応募者(研究者)用のID・パスワードが発行される前でも、ダウンロードして入力することができます。
Q 2. Word2007またはWord2010で作成した(docx形式)応募内容ファイルを添付することはできますか。
  A. Word2007またはWord2010形式(docx)で保存されたファイルを添付することも可能です。応募内容ファイルとして添付可能なファイルは、word(doc、docx)ファイル及びPDF(pdf)ファイルです。
Q 3. PDFファイルを閲覧することができません。(PDFページが空白になります。)
  A. PDF ファイルの内容を確認するには、Adobe Readerが必要です。まだインストールしていない方はインストールしてください。 インストールしているのに空白ページが表示される場合、Adobe Readerの環境設定の「PDFをブラウザに表示」(メニューの[編集] → [環境設定] → [インターネット](または[一般]の[オプション] セクション))にチェックを入れてください。
また、ファイルサイズが大きい場合や、お使いになっているパソコン・インターネット機器等の通信速度に問題がある場合も表示するのに時間がかかる場合があります。
Q 4. 「ページの有効期限切れ」という画面が表示されてしまいます。
  A. Webブラウザの[戻る]ボタンや[BackSpace]キー等を使用して前画面に戻ろうとすると、システムが正常に動作しなくなる場合があるためこの警告メッセージを表示しています。
前画面に戻りたい時は、画面上のボタン又はリンクをクリックしてください。
Q 5. 応募情報に、独語ウムラウト(特殊文字)を使用したいのですが・・・
  A. 電子申請システムにログインして入力する応募情報には、文字化けしたり、別の文字として認識される場合があるため、JIS第一水準及び第ニ水準以外の文字コードは使用することができません。
応募内容ファイルについては、画像として貼り付けることにより、特殊文字でも使用することができます。
応募情報の入力方法及び応募内容ファイルの記入方法についての詳細は、科研費電子申請システム用「応募者向け操作手引(詳細版)」を参照してください。
Q 6. PDFファイルに変換する「処理中・・・」画面から次の画面に遷移しません。
  A. 応募情報及び応募内容ファイルをPDFファイルに変換する処理は、処理状況により数分間かかる場合があります。
そのままお待ちいただくか、しばらく経ってからメニュー画面の[調書を修正する]より研究計画調書確認作業を進めてください。
Q 7. PDFに変換する時、画像はどの程度の解像度で変換できますか?
  A. 1200dpiの解像度で変換します。
Q 8. PDFに変換した研究計画調書の内容が、ページ切れしてしまいます。
  A. 応募内容の文章量が多い場合や図を貼り付けた場合に、ページ切れすることがあります。
このまま応募すると、正しい審査ができなくなる可能性があるため、文章量を減らしたり、図の大きさを調整する等してページ切れしないように調整してください。
Q 9. PDFやWordファイル以外に添付できる形式はありますか?
  A. PDFやWordファイル以外はPDF変換が行えないため、添付できません。
Q 10. 「ログインされていないか、またはセッションタイムアウトが発生しました。」というエラーになってしまいます。
  A1. 電子申請を利用するには、ご利用のWWWブラウザのCookieが有効になっている必要があります。
    >> Cookieの設定はこちら  
  A2.

ご利用環境により、通常よりも短い時間(10〜15分程度)でセッションタイムアウトになる場合があります。
こまめに「一時保存」ボタンをクリックし、入力内容を保存してください。※ 画面上部に「一時保存が完了しました。」というメッセージと保存日時が表示されていれば、作成中のデータは保存されています。
一時保存した情報は、処理状況一覧(応募者向けメニューの[調書を修正する]を選択)の「再開」ボタンから続きを入力することができます。

タイムアウトが発生した場合には、作成中のデータは保存されていないことがありますので、次のことを確認してもう一度データ作成を行って下さい。

  (1)使用しているパソコンがご利用環境を満たしているか確認する。
  (2)WWWブラウザの以下の設定を確認し、「しない」の設定になっていた場合には「しない」以外の設定に変更する。
Internet Explorer
(Windows版)
メニューの[ツール] → [インターネットオプション] → [全般]タブ →「閲覧の履歴」の[設定]ボタン →「保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認」の設定が「確認しない」になっている場合
Firefox / Safari メニューの[編集] → [設定] → [詳細]カテゴリ → [キャッシュ]カテゴリの「キャッシュにあるページとネットワーク上のページの比較」が「しない」になっている場合
  (3)WWWブラウザを再度立ち上げ、ログインを行い、メニューの「応募を開始する」の各研究種目名のボタン(または[調書を修正する])からもう一度データ入力する。

データ入力の際、WWWブラウザの[前に戻る]や[次に進む]コマンドを使用した場合や、WWWブラウザのウィンドウを複数起動した場合にも、このエラーが発生します。画面遷移を行う場合には、必ず画面上のボタンを使い、1ウィンドウで操作を行ってください。

これでもうまくいかない場合、別のパソコンを使って試してみてください。

Q 11. 応募内容ファイルはどこから取得すれば良いでしょうか?
  A. 電子申請システムにログインすると、「受付中研究種目一覧」画面に応募内容ファイルのダウンロードページへのリンクが設定されていますので、そこから取得してください。
Q 12. 応募内容ファイルに画像を貼り付けるにはどのようにしたら良いでしょうか?
  A. 画像は正しい形式で貼り付けないと研究計画調書の確認完了・提出時等にエラーが発生する場合があります。 画像の貼り付け方は、科研費電子申請システム用「応募者向け操作手引(詳細版)」を参照してください。
以下に、Mac OSをご利用の方の画像の貼り付け方法を示します。

  (1)貼り付けたい画像を「GIF形式」または「PNG形式」で保存する。
  (2)Wordのメニューの[挿入] → [図] → [ファイルから...]を選択し、(1)で保存したファイルを選択する。
画像の保存形式は「BMP(ビットマップ)形式」でも問題ありませんが、貼り付け後のWordファイルのサイズが大きくなる可能性があります。 3MB(新学術領域研究(研究領域提案型)の領域計画書については6MB)以上のファイルは送信できませんので、Wordファイルのサイズが大きくならないように注意してください。
Q 13. 応募情報について、所属研究機関名等は初期表示されますか?また、変更できますか?
  A. 所属研究機関名等は、登録されている情報が自動表示されます。なお、変更はできませんので、所属研究機関担当者にご連絡ください。
Q 14. 研究計画調書(応募情報)を完了した後で、内容を修正することはできますか?
  A. 提出期限の前でかつ所属研究機関担当者による当該研究計画調書(応募情報)の承認処理前であれば、内容を変更することは可能です。また、応募そのものを取り下げることも可能です。
なお、修正する際は、所属研究機関担当者(又は部局担当者)に必ず連絡してください。
Q 15. 科学研究費助成事業の「研究組織表入力」について、研究協力者は入力しないのですか?
  A. 研究協力者を記載する場合は、応募内容ファイルに記載していただくことになります。
Q 16. 科学研究費助成事業の応募情報入力について、入力途中で応募する研究種目を変える場合は、最初から入れ直すのですか?
  A. 応募情報入力途中で応募する研究種目を変更する場合は、応募したい種目の応募情報を新規入力することになります。応募情報の状態によっては、重複応募のエラーになることがありますので、応募しない応募情報を削除してください。
Q 17. 科学研究費助成事業について、研究計画調書に整理番号は細目毎に振られるのですか?また、細目を途中で変えたらどうなりますか?
  A. 整理番号は細目毎に応募情報の作成が完了した順に振られます。また、細目を変更すると前の整理番号は飛び番号になり、新たに整理番号が振られます。
Q 18. 新学術領域研究(研究領域提案型)について、ヒアリング対象領域選定後に、既に提出した応募情報に応募内容ファイルを添付する場合は、どこから処理を再開するのですか?
  A. 科研費電子申請システムにログインし、[調書を修正する]をクリックしてください。該当する応募情報の「修正」ボタンをクリックし、応募情報入力画面にて応募内容ファイルを添付します。
Q 19. 機関番号一覧にない機関の研究者を、研究分担者・連携研究者に指定したいのですがどのようにしたら良いでしょうか?
  A. 科研費指定機関に所属し、科研費応募資格を持っている研究者でないと、研究分担者・連携研究者に指定することはできません。
Q 20. 研究組織表の入力で研究者番号が正しいのに「研究者番号 X行目が間違っています」というエラーになってしまいます。
  A. 以下の点をご確認ください。
(1) 所属研究機関番号が間違っていないかをご確認ください。
(2) e-Radに「科研費応募資格有り」で登録されていない応募者は研究分担者、連携研究者ともに入力できません。
このページのトップへ
   提出・応募状況の確認
 Q 1. 応募状況について、どのようになっていれば日本学術振興会に提出されているのですか?
  A. 科研費電子申請システムにログインし、[処理状況を確認する]をクリックし「応募状況」が「学振受理」または「学振受付中」になっていることを確認してください。
それ以外は、応募途中かと思われます。「処理状況一覧」の「応募状況の意味はこちらを参照してください。」で応募状況の内容をご確認ください。
 Q 2. 新学術領域研究(研究領域提案型)について、仮領域番号が発行されたとき、領域内の研究計画代表者にも自動的に通知されるのですか?
  A. システムから自動的に通知はされません。領域代表者の方は、仮領域番号を電話やメールなどで各研究計画代表者の方へお知らせください。
このページのトップへ

  

 その他 

   セキュリティ
 Q 1. セキュリティ対策はどうなっていますか?
  A. セキュリティ対策については、こちらを参照してください。また、利用者の方々におかれましても、ID・パスワード等の取り扱いには十分ご注意ください。
このページのトップへ
   その他
 Q 1. 所属研究機関のホームページに「電子申請のご案内」へのリンクを貼ってもよいですか?
  A. はい、構いません。

このページのトップへ